お電話でのお問い合わせ 03-5244-7677 【受付時間】平日10:00〜17:00

主な旅行業務実績紹介_3(遊学)

1、日程:2014年4月 7泊8日

2、人数: 15人(平均年齢30代)(中国)

3、メンバー構成:中国中小企業経営者

4、訪問目的:日本のリーン・サービス理念と日本企業のマネジメント理論の学習、実地体験

5、訪問先:東京,箱根,京都,大阪

6、弊社のサービス:

   1)テーマ“リーン・サービス”に従って訪問先のアレンジ、スケジュール調整。

   2)サービス生産性本部と連名して商用ビザ申請資料の発行。

   3)事前にホテル、車、飲食の予約手配。

   4)ツアーの企画、実行、総括を一貫してサービスの提供。

   5)関連資料の翻訳(日本語⇒中国語、中国語⇒日本語)。

7、スケジュール:

  スケジュール

 

8、写真:

photo-1 photo-2

photo-4 photo-11

photo-16 photo-9

 photo-12 photo-15

 

日中投資促進機構への訪問、交流。詳細は、こちらです。

photo-13 photo-14

滞在中、団長の袁岳博士(中国零点グループ創業者、総裁)が中文導報のインタービューを受けました。詳細は、こちらです。

9、感想:

”今回遊学に参加してたくさんの人と知り合いましたがみんな仲間と同じです。私は頭の中でずっと比べています。日本の生活、細かいところ、ある物は一目でたくさん改善できるのがわかります。製造業を創り上げるとサービス業とは離れられません。無印良品の朝礼形式は私たちもやっていますが実行力が足らず、管理職に限られているので帰国したら一般従業員も参加させて実行力を強めたいと思います。” — 参加者Aさんより

”いつも機会があって時間が取れれば私は出てくるので、今回のツアーも学習機会の一つでした。台湾へ行ったことがあるので、今回日本での衝撃はそんなに大きなものではありませんでしたが、日本から私が受けた最大のものは技術や管理を含めて、人や文化に対する尊重です。私たちは自分に何があるか、もう既にこうだとか言うのでなく、何が欠けているのか考えるべきで、そうしてこそ努力すべき方向を見つけられるのです。帰国後私たちは日本で学んだ経験と長所を一歩一歩会社で実行したいと思います。” — 参加者Bさん(女性)より

うれしい限りです。このように現在の日本を中国を含め、世界の人々に知ってもらい、メディアの報道だけではなく、自分自身で体験して頂くことがとっても重要です。

今回のツアーを成功させた日本側の関係者の皆様、ありがとうございました!

お問い合わせフォーム - 24時間受付可能
お電話でのお問い合わせ 03-5244-7677 【受付時間】平日10:00〜17:00
  • 経営者紹介
  •  byアメブロ
  • SMI公式Facebook
  • L-Arabinose
  • GDR Japan
  • katayasu club