お電話でのお問い合わせ 03-5244-7677 【受付時間】平日10:00〜17:00

東京モーターサイクルショー 日本市場 中国市場

(以下の内容は、3月28日アメブロ「Benのブログ」の投稿を若干修正を加えたものです)

先日、久しぶりにビッグサイドで開催された東京モーターサイクルショーを見に行きました。

IMG_2017

 

 

 

 

 

東京モーターサイクルショーは、毎年開催していますが、2011年は震災の関係で中止していました。

IMG_2027

 

 

 

 

 

僕はKYMCO JAPANの社長をしていた時は、このショーの理事をしたことがあります。開幕式の時に壇上に上がり、KYMCO車両がショーに出展し、コンパニオンもいました。

いまはKYMCO Japanの事業から離れていますが、心の中はいつも応援をしています。

IMG_2018IMG_2019

 

 

 

 

 

当時は、国内4雄にも匹敵するぐらい大きなブースを構えて、僕もブースの前でチラシを配ったり、販売店の社長さんや、来場者と話しをしたり、ユーザーの意見を聞くとっても貴重な時間でした。

 

 

IMG_2020

 

 

ヤマハのブース

 

 

IMG_2021

 

 

あのHDのブース

 

 

海外メーカーで日本国内で年間の販売台数が1万台を超えたのが、このHDでした。金額がぜんぜん違いますが、台数計算では、このHDの数字に一番近いのがKYMCOでした。

いまは分かりませんが、当時は勢いがありました。いろんなメディアに紹介されて、日経にも紹介されました。

http://www.nikkeibp.co.jp/archives/314/314503.html

名前は、日本国籍を取得した前の顧暁斌でした。

会社名はKでスタートし、スクーターの市場ではかぶっていないKAWASAKIとは、妙に親近感があります。

IMG_2025IMG_2026

 

 

 

 

日本国内は少子化もあり、レジャーの多様化もあって、バイク人口が年々減少している模様です。

また、アジアでは、バイクに関する規制が何もない国(地域)が少ないようです。日本、シンガポール、台湾などがそうです。危険だという理由です。中国の多くの都市では、市内に200cc以上のバイクは走れない規制をしています。

中国は年間2000万台以上のバイクが生産、販売されていますが、日本はいま年間販売が50万台よりも少ないようです。ただ、東京モーターサイクルショーに出展しているバイクは中国ではあまり見られないでしょう。ネットからの情報ですが、中国でのバイクの輸入に関する税金は以下の合計になっています。(国のオフィシャルサイトでは確認していません) 

排気量   関税   消費税   増値税

250CC    45%      3%     17%
250~500CC 45%      10%     17%
500~800CC 40%      10%     17%

>800CC   30%      10%     17% 

中国の消費税は、贅沢品にかけるもので、日本の消費税とは違います。日本の消費税と性格上近いのが中国では増値税となります。

また中国では税金を払って、バイクを輸入できたとしても、ナンバープレートを交付してもらえるとは限らない。矛盾ですが、現実のようです。

お問い合わせフォーム - 24時間受付可能
お電話でのお問い合わせ 03-5244-7677 【受付時間】平日10:00〜17:00
  • 経営者紹介
  •  byアメブロ
  • SMI公式Facebook
  • L-Arabinose
  • GDR Japan
  • katayasu club